筑紫野市

筑紫野市で壁塗装工事の事ならトヨダ塗装にお任せ

筑紫野市、九州全域で塗装工事・防水工事・リフォームの修繕工事をするトヨダ塗装は様々な塗装を使用した外装塗装を提案します。

外壁塗装の種類

一概に外壁塗装といっても、塗料には様々な塗料の種類があります。
代表的な塗料は次のようです。

ウレタン

一般的によく使用される塗料で、木材から金属まで塗る場所を選ばないバランスが良い塗料。
塗料として伸びが良く独特の光沢が特徴です。
密着性に優れており、塗装剥がれが気になる個所や局面した部分によく使用される。
耐久年数の目安としては約5年~8年でメンテナンスが必要。

シリコン系塗料

ウレタン塗料よりも耐久性と耐候性がよく、仕上がりも上質な塗料。
ウレタンに取って代わる塗料として長年使用されている。
弾性も優れ被膜下の多少のひび割れなら防水性は損なわない機能がある。
耐久年数は7年~15年でメンテナンスが必要。

ピュアアクリル系塗料

高弾性を有しており防水機能に優れた塗料。
ひび割れへの追従性が高いので、モルタル等のひび割れが発生しやすい外壁に使用される。
耐久年数は約15年以上と耐久性に優れる。

セラミック塗料

セラミックが配合された塗料で「断熱」「遮熱」の効果がある塗料です。
材質上親水性が非常に高いので外壁に汚れが付きにくくなる性質がある。
耐久年数は合成する樹脂との成分によっても変化しますが約20年と耐久性に優れる。

フッ素系塗料

耐候性に優れ長期間で色の変色に耐える。
艶引けもほとんどなく耐久性に関しては塗料で最高レベルの塗料。
その為「スカイツリー」の塗料にも使用された実績がある。
耐久年数は約15年以上と耐久性に優れる。

光触媒塗料

白色顔料「酸化チタン」の紫外線や水が当たると化学反応で汚れを分解する特性を利用した塗料です。
耐久年数は約20年と非常に耐久力がある。

無機系塗料

鉱物やガラスなどの無機物を結合して作られた塗料で、防火性が高い特性がある。
紫外線より強い結合エネルギーを持ち長期で状態を持続させる。
耐久年数は15年~20年を超える耐久性がある。

外壁塗装のメリット

外壁塗装といわれると外壁だけ綺麗に塗るとだけ思われがちです。
外壁塗装には外観が綺麗に一新する以外にも次のようなメリットがあります。

①下地の保護

外壁の表面塗装の下には下地があります。 下地は外壁の素地(元の下地)を強化したり、塗装前に表面を平滑にする作業をいいます。
下地は耐水性や経年劣化しやすい材質のものが多いので、外壁塗装を重ねると下地の保護になります。

②再塗装する事で耐久性が上がり住宅の寿命を延ばす

屋根同様に外壁は直射日光や雨風に晒されていますので、とても傷みやすい場所です。
耐久性の高い塗料を塗ることで、家自体の耐久性を伸ばします。

③遮熱(紫外線劣化防止)効果

外壁に再度遮熱効果の高い塗装を施すことで外壁の温度上昇を軽減させると共に、紫外線からの経年劣化を防ぐ事ができます。

④防水・防湿効果

外壁の防水・防湿塗装が行われていることで、家全体が防水仕様になります。
防水仕様になることで、雨漏りを防ぐ効果があります。
雨漏りがすると、その周りからカビ・錆が発生し住宅の劣化を早める事になります。
また、防水だけの機能に特化すると、湿度が逃げず結露になるので防水性と湿度を逃がす特性の塗料が一般的です。

筑紫野市、九州全域で塗装工事・防水工事・リフォームの修繕工事を行うトヨダ塗装は、丁寧で迅速な対応と適切で堅実な仕事で外装塗装工事をします。

外壁塗装の流れをご紹介

高圧洗浄

これから新しい塗装をする時に、表面に汚れが付着していたら塗装が通常よりも早く剥がれたりしかねません。
塗装を長持ちさせるためにも表面の汚れを高圧洗浄で隅から隅まで除去します。
筑紫野市、九州全域は毎年台風が直撃しますので特に念入りに洗浄します。

下地のシーリング・コーキング補修

綺麗に洗浄をしたら次は補修です。
モルタルやコンクリート・タイルなどのひび割れ(クラック)が無いか確認します。
ひびを見つけたらシーリング材を注入して補修します。
ひびの度合いによっては、シーリング材を1度注入や2度注入と分けて注入しひびの奥まで行き届くように丁寧に補修します。
既存のコーキングも一度剥がしてプライマー散布後打ち直します。

下地調整

塗装が剥がれ落ちている箇所や錆がきている箇所を確認し、痛みがある際は研磨して塗装のノリが悪くなくならないよう処理します。
下地調整は塗装すると見えなくなり、本当に下地調整を行ったか分からなくなる箇所です。
ここでの手抜きは塗装の耐久性にかかわります。

養生処理(マスキングテープ貼り)

塗装の色がついてはダメな場所や塗装の境目などをマスキングテープやビニールで目隠しします。
一番地味で時間が掛かる作業ですが、養生処理の丁寧さこそ最終仕上がりの美しさに繋がります。
養生する場所は多岐にわたります。

  • エアコン室外機
  • 窓やドア周辺
  • 玄関やベランダ周辺
  • 郵便受けや花壇他
  • ご近所の塗装が付着する可能性がある場所

ここまでくれば作業の半分以上は終わりました。
しかしながら手抜き業者はここまでの作業を簡略化します。
筑紫野市、九州全域で塗装工事をするトヨダ塗装は最後まで手を抜きません。

下塗り

下塗りは壁と塗料の密着度を高める接着剤の役目を果たします。
外壁は様々な形状と種類があります。
例えばモルタルでも表面がツルツルしたものもあれば、ザラザラしたものもあります。
外壁の平滑度に合わせた下地を選定する必要があります。

中塗り

中塗りは下塗りの後に行う塗装の厚みを確保するための工程です。
中塗りで最終的に凹凸のない平らな塗装面を作ります。
中塗りと上塗りで2回塗装を重ねる事でムラのない塗装面にします。
上塗りと同じ塗料を下塗りで塗ることで塗料の性能を規格通り発揮させることができます。
壁によっては塗料の吸収率が高い壁もありますので、均一に塗る技術が必要です。

上塗り

トップコートと呼ばれる3度塗りの最後の工程で最終仕上げとなります。
塗り残しや刷毛ローラーの跡などが付いたら最終の仕上がりにかかわります。
筑紫野市、九州全域で塗装工事をするトヨダ塗装は、お客様のご要望によって2色塗装やクリア塗装など様々な仕上げのお手伝いをします。

清掃・最終チェック

お客様の大切なお家周辺を汚したままでは帰れません。
当たり前の事ですが、来た時と同じよりも更にきれいにして帰ります。
現場をきれいにした後は最終チェックです。
塗りムラがあれば何度でも修正します。
最後の確認が終わるとお客様へのお引き渡しとなります。
塗装工事でご迷惑をおかけしました近隣住民の皆様への挨拶を行いすべての工程が終了となります。

外壁塗装は塗装技能士が集中して工事をする事で、完成度が高い外壁となります。
筑紫野市、九州全域で塗装工事をするトヨダ塗装の施工実績は1,000件以上ございます。
顧客満足度98%の安心をぜひご体験ください。
安心のアフターフォローで、軽微な修繕は無償対応を致します。
外壁塗装工事はトヨダ塗装にお任せください。

footer-area

春日・筑後・久留米・佐賀をメインに九州全域。
県外でもお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

※ 沖縄・離島を除きます。